ハーレーダビッドソンってどんなバイク?その存在感と魅力について

ハーレーダビッドソンってどんなバイク?その魅力について

アメリカを代表するバイクに、ハーレーダビッドソンがあります。

1990年代に大型自動二輪免許が教習所で取得できるようになってから、ハーレーは爆発的人気を博し、今や日本国内において確固たる地位を築いています。

そんなハーレーの魅力は、どこにあるのでしょうか。

 所有欲を満たす存在感

全てのハーレーオーナーは、ハーレーというバイクそのものが持つ雰囲気や存在感、オーラといったものに惹かれています。

1,000ccを超えるエンジン、大柄で低い車体、めっきを多用したパーツなど、アメリカンテイストと大陸的な大らかさを持った車体は、国産車にはないものです。

価格も200万円から300万円超と高額ですが、大柄な車体と高級感あふれるパーツから感じる存在感は、オーナーの所有欲を満たすものと言っていいでしょう。

 V2エンジンのテイスト

バイクの性格は、エンジンで決まると言っても過言ではありません。

ハーレーのエンジンはV型2気筒で、トルクはありますがハイパワーではありません。しかし、低い車体にまたがり、不等間隔爆発の鼓動感を感じながら低回転でドコドコと走るのは、ハーレーでしか得られない持ち味です。

それもそのはず、元々はアメリカで生まれたバイクですから、地平線まで続く広大なフリーウェイを時速80キロから100キロでのんびり走るのに適しています。

ハーレーにまたがれば、誰もがエンジンの鼓動を五感で感じ、悠然と走る気になるでしょう。そこには、鉄馬と一体となる甘美な世界があります。そんな乗り方が、ハーレーオーナーから支持されているのです。

 ハーレーがあるライフスタイルを楽しむ

大型バイクは、大人が休日に楽しむ趣味の乗り物です。移動の手段というよりは、移動そのものを楽しむという色彩が強いです。目的地までの走りを楽しみ、ファッションを楽しみ、ひいてはバイクを中心として週末や連休のプランを考えるというように、バイクがあることで生活が華やぎます。

特にハーレーにおいては、アメリカのハーレー乗りがそうであるように、ワイルドな、アウトローな、ちょい悪オヤジ風な、自由なファッションやカスタマイズが受け入れられており、またそれが似合っています。

 豊富なカスタマイズパーツ

バイクを購入したあと、自分好みのパーツに交換したりペイントしたりするのは、ライダーの大きな楽しみです。

ハーレーには、これらのパーツが実に豊富で、まさに自分好みの1台に仕上げることができます。

「世界に1台しかない、自分だけのバイク」これが実現できるのです。

ガソリンタンク容量が10リットルしかないというハーレーオーナーと話をしたことがあります。満タンで200キロも走れないので、高速道路でSAがあれば必ず寄る、でも不便どころか、それがこのバイクの持ち味だと嬉しそうに語る姿が印象的でした。

速く走れなくても、振動が凄くても、何者にも代えがたい頼りがいのある相棒。それがハーレーダビッドソンというバイクなのです。


バイクを売るならバイク王が確実に1番です。

他のバイク販売店はバイク王から仕入れて売っているケースも多いので必然的に1番高く売れる事がほとんどです。

損をしない為にも、まずはバイク王で無料お試し査定をされることをおすすめします。 バイク買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です