GSX1300R ハヤブサの詳細とその魅力について

GSX1300Rハヤブサは、スズキ株式会社が製造販売しているバイクです。

1998年に発表され、初期型は199年に発売されました。
今では「メガスポーツ」や「アルティメット(究極の)スポーツ」と言われるジャンルを作った先駆けで、圧倒的ハイパフォーマンスのエンジンと空力を考慮したボディデザインによって、それまでにないバイクジャンルが形作られました。
そんなハヤブサの詳細を魅力について解説します。

 


圧倒的ハイパフォーマンス

 

ハヤブサは登場してすぐ、その超高性能ぶりに注目されました。

gsx1300r

その圧倒的ハイパフォーマンスは、当時量産市販車最速だったホンダのCBR1100XXスーパーブラックバードの最高速約300km/hを超える312km/hを叩き出し、一躍世界最速の市販バイクとなりました。

それを誇るように、最初期モデルのスピードメーターの目盛は350km/hまで刻まれていました。

しかしそれは同時に、国産4大メーカーが競ってきた最高速競争に決着をつけ、ひいてはEU各国におけるスピードリミッター(300km/h)の装備、スピードメーターの目盛自粛(最大目盛は300km/h、300は記さない)を生み出すこととなりました。まさにエポックメイキングなバイクだったのです。

 

初代ハヤブサ

4-28-2

 

メカニズム解説

では次に、ハヤブサのメカニズムを見てみましょう。初代のエンジンスペックは、次のとおりです。

ボア・ストローク 81*63
排気量 1299cc
圧縮比 11.0
最大馬力128.7kW(175PS)/9,800rpm
最大トルク138Nm(14.1kgf・m)/7,000rpm
最高時速312km
乾燥重量215kg

その後、年ごとにカラーリングや改良が加えられ(イヤーモデル)、2008年にフルモデルチェンジが行われました。

 


二代目ハヤブサ

pc (2)

フルモデルチェンジでは、エンジンのボア・ストロークから新設計となっています。新エンジンを使った別モデルと言っても過言ではありません。

メカニズム解説

2代目のエンジンスペックは、次のとおりです。

ボア・ストローク 81*65
排気量 1340cc
圧縮比 12.50
最大馬力145kW(197PS)/9,500rpm
最大トルク155Nm(15.8kgf・m)/7,200rpm
最高時速334km
乾燥重量215kg

 

行程はわずかにロングストロークになり、トルク向上に寄与したと言えます。また排気量も圧縮比も増えていることで最大パワーは10%以上向上しています。
しかしただ増えただけではなく、エンジン出力を3つのモードから選べる「スズキ・ドライブモード・セレクター(S-DMS)」を採用し、右手のスイッチ一つでスロットルレスポンスなどを変更できる安心設計となっています。

そして輸出専用だったハヤブサは、ついに2014年になって初めて日本国内でも正式に販売されました。エンジン出力は197馬力そのままで、ETCが国内二輪車として初めて標準装備されました。

76103010438

また二台目ではあらゆる部分において改良が加えられており、その一つがタンク形状にあります。
最高速に近い速度域に達するとライダーはヘルメットを伏せますが、その場合ヘルメットの顎の部分を収める凹みがタンク上面につけられています。

後方から見るマフラーは三角形ですが、これは最大バンク時における路面干渉を防ぐためです。
初代ハヤブサでよく言われたのは、クラッチつながりの分かりにくさで、パタンとつながることが多かったようですが、これも改良されています。

 


ハヤブサの魅力

ハヤブサ最大の特徴は、他車を圧倒する驚くべき高性能に尽きます。

pc

第一には最高速度であり、およそハヤブサオーナー全員が、その最高速と馬力に魅せられて購入したと言っても過言ではないでしょう。
新型の197馬力に比べると旧型の175馬力は少なく見えますが、実際に乗ってみれば1300ccのエンジンが1万回転も回ること自体、他車ではあまりないことです。
そしてアクセルを乱暴に開けようものなら、リアタイヤはスピンしながらフロントタイヤを軽々と浮かせてしまいます。
1速で100km/hを超え、3速で軽々と200km/hを超えてしまう性能は、ライダーを「その気にさせる」バイクとしては随一でしょう。

そう書くと、高回転寄りのエンジンに聞こえますが、そこは1300ccある現代のエンジンですから、低回転からも太いトルクが立ち上がって乗りやすいです。

また、いかにもハヤブサらしい、低く構えたぬめっとしたスタイルは空力を追及した結果です。
実車を目にすると意外に低くコンパクトで、デザインモチーフは2世代とも共通したもので、人目でハヤブサと分かる丸みを帯びたスタイル、上下2灯式ヘッドライト、カウルにビルトインされたフロントウインカー、フルカバードとも言えるフロントフェンダー、フルカウル、タンデムステーまで空力を考慮したデザインは、機能美に満ちています。

それほどに空力を追及したデザインとなっていますから、初期型でも新型でも、驚くような速度域に達しても体をボディと一体化させれば、全く乱れることなく矢のように突き進む安定ぶりは、特筆すべきものと言えるでしょう。

ただし、そうしたハイパフォーマンスを目的として作られていますから、乗車姿勢は前傾スタイルとなります。タンクが盛り上がっているので、タンクバッグをつけると視界は悪くなるでしょう。むしろ、リアにトップケースをつけたほうがいいですね。そこに荷物を入れれば、2泊3日くらいのツーリングは楽々行けます。ただし重心が後方に移るのと、空力が乱れるために、ハヤブサ本来の速度域では不安定になります。

 


まとめ

pc (3)

最高速は世界一、その気になればコーナーリングも得意、峠も攻められる、荷物を積んで1日1000キロ超のツーリングも軽くこなす。

ハヤブサとは、そんなバイクです。

 

画像出典:スズキ株式会社


バイクを売るならバイク王が確実に1番です。

他のバイク販売店はバイク王から仕入れて売っているケースも多いので必然的に1番高く売れる事がほとんどです。

損をしない為にも、まずはバイク王で無料お試し査定をされることをおすすめします。 バイク買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です