ホンダDioを1番高く即日現金高価買取り業者に売る方法!

ホンダDioを1番高く高価買取してくれる買取業者は?

今回はホンダDioについてご紹介します。

気になるDioのボディーカラーはこちらです。
・マットアクシスグレーメタリック
・デジタルシルバーメタリック
・アズキブラウンメタリック
・パールコットンアイボリー
・パールアメジストパープル

モデル一覧
初代 ディオ(SK50)
二代目 スーパーディオ(SK50)
三代目 ライブディオ(SK50)
四代目 ディオ(BA-AF56/BA-AF57/BA-AF63)
五代目 ディオ(JBH-AF68)

50ccモデルは2016年に生産終了が発表されました。

そんなディオのエンジンは空冷4ストロークエンジンで、はスマートかつエコロジーなPGM-FIを採用しております。
気温の低い日でも、安定のエンジン始動。そして電気の必要なシステムですが、万が一バッテリーがあがってもキックで始動できます。
環境への配慮も怠っていなく、廃棄ガス浄化装置キャタライザーを採用していますよ。

コンビブレーキを採用しているので、安全に止まり、リラックスして走れます。
左のレバー(後輪ブレーキ)を握るだけで前輪にも程良く制動力を配分できるので、バランス良くストップできます。
これはホンダ独自のブレーキシステムです。

収納&積載装備もあり、メットイン・スペースのシート下にはフルフェイスヘルメットを収納できる22Lの容量を確保しているので、様々なシーンで活躍できます。
フロントインナーボックスは1.5Lのペットボトルも入る余裕の容量を確保しておりますよ。

 

 


バイクを売るならバイク王が確実に1番です。

他のバイク販売店はバイク王から仕入れて売っているケースも多いので必然的に1番高く売れる事がほとんどです。

損をしない為にも、まずはバイク王で無料お試し査定をされることをおすすめします。 バイク買取

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です